睡眠時無呼吸症候群

『スタートアップ実証実験促進事業(PoC Ground Tokyo)』に採択されました

株式会社マリは、株式会社ボーンレックスが東京都に委託され実施している、経済の持続的発展を目的とした、イノベーションを継続的に生み出していく取り組みである、「スタートアップ実証実験促進事業 (PoC Ground Tokyo)」に採択されました。 東京都スタートアップ実証実験促進事業(PoC Ground Tokyo)の目的は、革新的なビジネスアイデアを有し、新たなビジネス領域で大きな成長を志向するスタートアップのニーズに合わせて、仮説検証や社会実装の検証等に向けた実証実験を効果的にサポートすることで、スタートアップの成長を着実に支援することを目的としています。 弊社は、人に優しく睡眠時無呼吸症候群(SAS)を解決する、非接触センシングと低周波音刺激を利用した非接触型のSAS治療機器事業を推進することで、経済の持続的な発展に貢献できるよう尽力いたします。  
【東京都スタートアップ実証実験促進事業PoC Ground Tokyo】 https://poc-ground.tokyo/ 【スタートアップ実証実験促進事業 (PoC Ground Tokyo)令和3年度第1期の募集要項】 https://poc-ground.tokyo/data/poc-ground-tokyo-requirements-210524.pdf 【第1期採択企業】 https://poc-ground.tokyo/report/1st-result/ 【PRTimes】 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000057654.html 【東京都(報道発表)】 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/09/08/09.html 

日経産業新聞にて、弊社の睡眠時無呼吸症候群に関する医療機器について掲載していただきました

在宅時間が増え生活様式が変化する中で、快眠への需要がより高まっており、「いびき」を改善する技術が今注目を浴びています。 非接触で負担のない睡眠時無呼吸症候群の治療装置の研究開発を通し、株式会社マリはユーザー様に快適で健康な睡眠をお届けできるよう尽力してまいります。 日経産業新聞 掲載記事リンク:塩野義などの「いびき改善テック」、快眠でコロナ克服