企業情報

会社概要

社名 株式会社マリ
本社所在地 〒600-8815
京都市下京区中堂寺粟田町91
京都リサーチパーク9号館104号室
京都大学オフィス 〒606-8501
京都市左京区吉田本町36番地1
国際科学イノベーション棟西館1階104号室
ベンチャーインキュベーションセンター内施設
スタートアップオフィス 6号室
代表者 代表取締役社長 瀧 宏文
設立 2017年11月
資本金 3000万円
決算期 12月末日
従業員数 10名

メンバー

Hirofumi Taki

瀧 宏文 プロフィール

CEO, CTO AND FOUNDER

1975年大阪生まれ。京都大学医学部医学科卒業後、医師免許取得。
京都大学情報学研究科特定助教、東北大学医工学研究科特任准教授を経て、
2017年1月~6月スタンフォードバイオデザイン(グローバルファカルティ研修)に参加。
2017年11月に株式会社マリを設立。
東北大学医工学研究科非常勤講師
ジャパン・バイオデザインファカルティ
情報学博士・医師

<学会活動>
2008年~ IEEE EMBC Reviewer
2010年 日本音響学会 論文誌査読委員就任
2011年4月 電気学会 医用・生体工学技術委員会 委員就任
2011年5月 電気学会 超高齢社会の医療・ヘルスケアに寄与する 工学技術調査専門委員会 委員就任
2012年5月 電子情報通信学会 ソサイエティ論文誌編集委員会 査読委員就任
2012年度~2013年度 日本超音波医学会 基礎技術研究会 幹事
2012年9月 日本超音波医学会 学会誌査読委員及び論文賞審査委員就任
2014年4月~2016年3月 日本音響学会 アコースティックイメージング研究会 委員
2015年~ 日本超音波医学会 工学フェロー
IEEE EMBC, IEEE ISBI, IEEE Trans. UFFC,IEEE Trans. Medical Imaging, The Journal of the Acoustical Society of America (JASA), Ultrasonics, PLOS ONE reviewer

Jack Motoyama

元山 義章 プロフィール

取締役・CFO

1955年兵庫生まれ。1990年 Cornell大学 経営学修士(MBA)
元 東北大学 事業イノベーションセンター 特任教授
元 日立製作所 新事業開発本部 オープンイノベーションセンタ長

沿革

2017
株式会社マリ設立。いびきの高精度検出法、騒音抑圧法を開発
東北大学におけるヒト実験検証開始※
※東北大学大学院医学系研究科倫理委員会にて認可
京都大学 佐藤亨研究室と共同研究契約締結

2018
東北大学 出江研究室と共同研究契約締結

2019
京都大学COI STREAMに参画
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
 AMEDの平成31年(令和元年)度
 「医工連携事業化推進事業(開発・事業化事業)」二次公募に採択
令和元年度「企業の森・産学の森」推進事業【Ⅱ 事業化促進コース】に採択

メッセージ

Sleep Freely. 世界の睡眠障害をやさしく解決したい

日常での睡眠の妨げになる要素を、人に最も優しい方法で解決するソリューションを提供し、
睡眠障害で生じる諸問題を解消するためにマリは設立されました。

いびきは本人の睡眠の質を低下させ、睡眠負債の原因となります。

睡眠負債は知的生産性の低下をもたらすとともに、
居眠りや注意力の低下による車両運転での事故や業務災害の要因へと繋がります。

また睡眠時無呼吸症候群になると、高血圧、心不全、不整脈、脳卒中、糖尿病など、
様々な重大疾患のリスクが増大します。

さらに、パートナーのいびきによる睡眠不足で不満を持つ人は少なくありません。

睡眠障害をもつ人には、血中酸素濃度正常化により睡眠障害関連疾患の防止を

睡眠障害を持つ人のベッドパートナーには、安らかな睡眠とパートナーの健康を

睡眠障害によって生じる夫婦間の問題を、人にやさしい方法で解消することにより、
夫婦関係の維持・改善(Marital Relationship Improvement)を図ることを我々の使命と考えます。

株式会社マリ 代表取締役 瀧 宏文

マリの独自性

使用者に負担のない非接触睡眠・呼吸障害のソリューション開発が出来ます。

患者本人に負担をかけずに低呼吸・無呼吸を解消します。
当社の研究開発チームはデジタル信号処理、音波解析・処理技術、ミリ波レーダ計測・解析技術など、
睡眠・呼吸状態を非接触で検知するための技術に長けています。

MaRI Develops Cushy and

Non-Contact Solutions for Comfortable Lives

デジタル信号処理技術

当社CEOである瀧宏文は大学教員時代に医用超音波分野においてデジタル信号処理技術を研究しており、アメリカ音響学会での招待講演など多くの実績があります。この最先端のデジタル信号処理技術を応用し、イノベーションを強く推進していきます。

共同研究

京都大学大学院工学研究科・医学研究科の有する優れた研究資源を活用し、ミリ波レーダ計測・解析技術や音声解析技術を用いた非接触睡眠状態評価・生体情報センシング技術を開発しています。

ニーズに基づくソリューション開発

当社CEOである瀧宏文はデザイン思考に基づく医療機器開発を推進するスタンフォード大学バイオデザインプログラムを修了し、ジャパンバイオデザイン・ファカルティとして指導も行っています。
当社ではバイオデザインで提唱されている現場でのニーズ探索と、これに基づく確かなソリューション開発を実践しています。

Partners & Supporters

提携企業・教育機関のご紹介