AMED「医工連携事業化推進事業(開発・事業化事業)」二次公募に採択されました

国立研究開発法人日本医療研究開発機構 AMEDの平成31年(令和元年)度 「医工連携事業化推進事業(開発・事業化事業)」二次公募に採択されました。 睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に低呼吸・無呼吸に陥り、血中の酸素濃度が頻繁に低下する疾患です。成人の約2割が罹患しているとされ、高血圧や心筋梗塞、脳卒中など重大な心血管疾患のリスクを大幅に増大させる重篤な疾患です。 ただし、睡眠中の出来事でありかつ自覚症状に乏しいため多くの方が医療機関での診察を受けず放置されています。 株式会社マリは自覚症状のない患者の皆様にも簡単に受け入れていただけるようなソリューション・医療機器の開発を目指し邁進します。 <概要リンク> ・AMED 平成31年(令和元年)度 「医工連携事業化推進事業(開発・事業化事業)」二次公募の採択課題について